Takuro Okuda

Doll artist

1991年岐阜生まれ。2013年京都造形芸術大学 卒業。
2015年より独学で人形づくりを始め、粘土、木、鉄、ガラス、樹脂など多くの素材を扱い独自の世界を作り上げる。「第7回創作人形コンクール」「MIDOW展2015」にて入選。主に京都・東京でグループ展を開催。

フィジカルな作品たちを、そしてアートの素晴らしさをもっと多くの人へ、世界へ広めていきたいという想いから、webの技術を身につけフロントエンドエンジニア・UI/UXデザイナーとしても活動している。

Artwork