楽園・時の鐘を鳴らす鳥

Mayu Fujisawa


生きているものには

必ず役割があると思っています この鳥もそう

言葉は違えど、想いや痛みは同じです

弱きものはたくさんの役割を担っています

だから とてもつよく

うつくしいのです

そんな鳥を讃えます

  

title 楽園・時の鐘を鳴らす鳥
scale

w1500 H1500 D1 (mm) 0.4kg

material 綿布、シリアス染料、顔料
shipping  ask  配送料について

 

 

現在ご購入が可能です
¥1,100,000 
Mayu Fujisawa Dye painter

幼少期をアメリカで過ごし、帰国後女子美術大学短期大学部にてテキスタイルデザインコースを専攻。

筒描きという日本の染色における伝統技法と独自に開発した染色技法を用いて、淡い色調で布に絵を染め上げている。植物や動物、自然を入り交えて絵と世界観のある物語を作り作品を発表している。

美術館での展示をはじめ、百貨店、ギャラリーなどで精力的に個展やグループ展を行う傍ら、シンガーソングライター・木村カエラと雑誌Nylon Japanにてコラボレーション、のちに発売されたアートブックに掲載される。またルミネ新宿のメインビジュアルやルミネ新宿1のエレベータの扉絵などに採用されるなど、その活動は多岐にわたる。